wx02 w03

 

wx02とw03ならどっちが良いのかをこちらで書いています。

 

 

でも言ってしまえば、ハイスピードプラスエリアモードがついているのか?ついていないのか?で考えるだけです。

 

 

詳しく書いていきます。

 

 

w03の特徴!

 

 

ハイスピードプラスエリアモードがついている

 

w03の特徴は、ハイスピードプラスエリアモードがついている点です。

 

 

ハイスピードプラスエリアモードというのは、ようはau4gのLTEモードです。使用した月は1005円が別にかかってくるので、ハイスピードモード(WIMAX2+)で使えるエリアならわざわざ使う必要はないと言えます。

 

 

こっちで詳しく書きました!

 

 

⇒ハイスピードプラスエリアモードって何?そのリスクと特徴!!

 

 

早さやエリアに違いは?

 

これに関してはw03では、ハイスピードプラスエリアモードとハイスピードモードの両方が使えるようになっています。

 

 

その2つを束ねたキャリアアグリゲーションを使うことで、受信の最大が370Mbpsの早さで利用できるようになっているんですよね。

 

 

これに関しては上でも書いているようにハイスピードプラスエリアモードを使うならっていう話です。あなたの地域がそもそもハイスピードモードに対応しているなら問題ない早さなので、そこまでは必要ないですね。

 

 

ここでチェックして下さい。

 

 

http://www.uqwimax.jp/signup/area/

 

 

こちらで、wimax2+がハイスピードモード、LTEがハイスピードプラスエリアモードといったようにタブを合わせてあなたの地域を選んでみて下さい。

 

 

電池の持ちは??

 

モバイルルーターを選ぶにあたって気になるのがバッテリーの持続時間ですね。

 

 

連続待ち受け時間:1040時間

 

連続通信時間:WIMAX2+610分 AU4GLTE 430分

 

 

となっています。

 

 

ここもハイスピードプラスエリアモードとならんで肝心なので、WX02と比較すると、

 

 

待ち受け時間:650時間

 

連続通信時間:10時間

 

 

WX02の場合はWIMAX2+専用機種なので、W03と比較するとWIMAX2+を使える時間は大体同じくらいとなります。

 

 

ただ、使わずに単純に持っているだけで持つバッテリーの時間はW03の方が長いようですね。

 

 

WX02とW03の比較まとめ

 

wx02とw03を比較しました。

 

 

まとめると、

 

 

ハイスピードプラスエリアモードを使う予定がある人⇒w03

 

wimax2+に対応しているエリアでLTEを使う予定がない人⇒WX02

 

 

です。

 

 

一見すると使う予定がなくても一応LTEが使えるW03が良さそうですが、ミスや手違いでLTEモードを使ってしまう可能性もあります。それに一回でも使えばその月は1005円がかかってくるので使う予定がない人はWX02をおすすめしています。

 

 

ハイスピードプラスエリアモード(LTE)を使う予定のある人はまずはここで詳しく特徴をしっておいて下さい。

 

 

⇒ハイスピードプラスエリアモードを詳しく!